« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

アメリカと日本の文化の違い

このどうしようもない気持ちをどこへぶつけたらよいのかわからず、ココに書いています。

実にアメリカ生活も5年近くなり、それなにり慣れ楽しんでいるつもりでした。
完全帰国まであと1年という時に、今頃になってアメリカと日本の文化の違いに苦しんでいる私です。

根が真面目というか、いい加減な事が嫌いな私はもともとアメリカは好きじゃなくて、、、でもそれなりに慣れました。
っていうか、仕方なく慣れさせたという事かなw

でもでも今回だけはホトホト疲れました。
自分の主張を前面だします。
相手の事はあまり考えません。
だからあまり気遣いがないです。
それはそれでわかっています。
しかし!!いい加減にして欲しい!
こっちが良かれと思ってやってきた仕事にどんどん付け込んでくるし。
そりゃお金を払う方は強いです、ましてアメリカ、なんでもカネです。
カネさえ払えばなんでもいいのかよ!と。
人の気持ちは考えないのね、貴方たちは・・とさえ思ってしまうのです。

という私も良い人ぶっているのが悪いんだと思い、勇気を持って言いました。
(私にとってすごい勇気です)
するとどうでしょう、逆切れさながらの言い方をされました。

そんなに負担な事だったとは知らなかった、でも!こっちも毎日大変な思いをしていて、精一杯だ。
フルタイムでそれなりのサラリーやクリスマスチップを貰っていると思えば、当然の仕事と思う。と言うではないか!

な、な、なにーーーーーっ!
私への仕事外の事を依頼する事、それは違うし、でも私はサービスのつもりでやってきた。
しかし、今の私は体調も悪くし、仕事内容を以前のようなベーシックなものにして欲しいとお願いしているのに・・・。
自分の主張ばかりを並べ立てられました。

そのファミリーはとても良い人たちだし今までは快適に仕事をさせてもらっていたのに、どうしてなんだろう?
今冷静になって考えてみると・・・
多分、英語と日本語でのコミュニケーションがあまり取れていなかったのかもしれないし、何も言わないでスムースに仕事をこなしている私を前面信頼し、それで良しと思っていたのでしょうね。
ここがポイントで、日本人的な感覚で言わなくてもわかってくれているだろう的なものが、私の中にあったのかもしれない。
先方はそんなこたぁこれっぽっちも考えないだろうけど。

主人に言わすと、ココはやはりアメリカなのだから、貴方ももっと自分の意思を強く主張しないといけないところなんだよ。
気を使うとかなんだとか、そんなのはないんだからココは、、、と。

ああ、そうなのか。。。
でも嫌だ嫌だ(>_<)
今更ながらこんな事で揉めたくないと思ってしまう。
だけど言わなきゃわからない人たちなんだよね。
疲れるわ(-.-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »